大口ローンとは

低金利で借りられる大口ローン

大口ローンと簡単に言うと文字通りのことで借りる金額の大きいローンのことです。 そして、この大口ローンには普通のローンに比べて、メリットとデメリットというものが存在します。
先ずはメリットについてですが、最大のメリットと言えば借りる金額が大きいということは自分で使う金額が大きいので自分でやりたいことを割合的に自由に行うことができるということです。 これはローンを申し込む方であれば誰しもが願うことなので直感的に感じることができるという事です。
そして、次に考えることの出来るメリットというのが、1箇所のローンの残高を高めると利息を抑えることができるという事です。 日本の借金に関する法律の中で『利息制限法』というものがあり、これには貸付残高が〜10万迄は20%、10〜100万迄は18%、100万〜15%という形で決められています。
例えば、自分が2社から10万ずつ借りていることを考えると2社で年20%取られる利息を借りる金額を大きくしてどちらかの会社から20万にまとめると取られる利息は18%までになり年間あたり2%削減できるのです。
この方法は自分の生活を便利にするには非常に有効な手段なのですが、当然借りる金額が大きいと返す金額が大きくなる場合もあったり、金融会社からすると個人の信用状態によっては借り入れに担保を要求してくる場合も考えられます。 なので、自分が本当に必要なのかよく熟考して行うことをおすすめします。