与信管理とは

キャッシングで重要な与信管理について

キャッシング等を利用する場合、多くの場合は無担保で保証人もない、そんな状態で借り入れをする事が出来ます。 ただこの場合は信用貸しとなる為、審査も厳しめになるし、何より有担保の時に比べると金利が高くなるものです。 さて、お金を貸す側、つまり金融機関側としては借り主がしっかりと返済してくれるかどうか、これが非常に重要となってきます。
勿論最初の取り決め通りしっかりと返済してくれるのであれば何も問題はありませんが、実際にはそればかりではなく遅延したりしてしまうことだってあるのです。 その為、金融機関側としてはしっかりと返済してもらう為に再度与信を掛ける等をして与信を見直す事があります。 その事を与信管理と呼ぶのです。
ちなみに、与信というのは簡単に言えば借り主に融資の枠を提供する事になります。 信用を与える、そういうイメージで理解しておけば良いでしょう。 ちなみに、返済能力・返済資質・返済担保の3つで評価されるので、英単語で表した時の頭文字を取って3Cと呼ばれている事も有ります。
(キャッシングは基本的に無担保なので、返済能力と返済資質が重視されます)金融機関側としては、何とかしてしっかりと返済してもらう事が重要です。 また優良顧客に対しては再度利用してもらうようにする事、これが大きなポイントとなってきます。
そのキャッシング・ローンの種類によって何を重視するかは変わってきますが、キャッシングにおいてはこの与信管理が非常に重要です。

関連ページ

信販系キャッシングとは
信販系キャッシングについて知りたい方へ
優遇金利とは
優遇金利について知りたい方へ
多重債務者とは
多重債務者について知りたい方へ
緊急小口資金とは
緊急小口資金について知りたい方へ